インプラント

インプラントは人工歯根を用いた治療です。

インプラント治療 インプラント治療は1965年にブローネマルク博士が、チタンと骨が結合する検証を発見したことで現在の治療の基礎が確立されました。臨床応用されてから30年以上も経過している、安定した治療です。
治療方法は歯が抜けた部分に「インプラント」と呼ばれる純チタンまたはチタン合金でできた人工歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着することで歯の噛む機能を回復させるというものです。

最大のメリットとしては、自分の歯があった時の様に食事ができる事と、失った部分のみを治療するので他の歯に負担をかけない事です。
インプラント治療において最も重要なことはインプラントの治療を行う前の診断です。
外科手術を伴うわけですから患者さんの全身状態、骨の形や神経の位置の把握など、安全に手術を行えるかどうかを診断することが重要です。

次に重要なことは手術する外科担当医と、歯を作る補綴担当が分業して、それぞれの分野で精度を上げる予知性のあるインプラント治療を提供することです。

当院ではノーベルバイオケア社製のインプラントシステムを採用しています。
採用理由としては長年の経験、実績があることと世界中で多く使用されている為、患者さんが日本を離れた場合でも治療、メンテナンスが受けられる為です。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリットとして、以下のような点が上げられます。

1、自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができる
インプラント体は骨と結合するので、大きな噛む力を負担することができます。
(歯ぎしりの方は注意が必要です。)
2、見た目が自分の歯と同じように、きれい
見た目が自分の歯とほとんど同じようにキレイに仕上がり、審美的にも優れています。
3、周りの歯を傷つけない(残っている歯を削らない)
インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療しますから、ブリッジのように両隣の健康な歯まで傷つけてしまうこともありません。
4、違和感が少ない
基本的に固定式の歯を作るので、違和感は非常に軽減されます。
5、話しやすい
入れ歯などは、上あごを覆うことにより舌の動きが制限され、会話がしにくくなることがあります。歯根から再生するインプラント治療では、そのようなことはまずありません。

インプラント治療のデメリットとして、以下のような点が上げられます。

1、費用がかかる
インプラント治療は、健康保険の適用外の治療ですので、全額自己負担です。
ただし、インプラント治療は高額治療と認められますので、医療費控除など、治療費を軽減する制度を利用できる場合があります。
2、時間がかかる
インプラント治療には、厳密な検査・診断、それに伴う治療計画が必要不可欠です。
また、インプラントは埋入手術をしてから、完全に骨と結合するまでに2〜6ヶ月かかります。
その間じっくりと待たなくてはいけません。
3、治療のできる人とできない人がいる
インプラントを入れる部分の骨の量が不足していたり神経を損傷する恐れのある方は難しいです。
また重度の糖尿病・心臓疾患・脳疾患・悪性腫瘍などの全身疾患の方で、手術に危険をともなう恐れがあるときは治療ができないことがあります。

ご予約は06-6573-8467までお電話ください。
初めて当院で受診される方へ

大谷歯科 歯科港診療所の治療科目

  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 欠損補綴治療(歯が無くなったときの治療)
  • 口腔外科
  • 顎関節症
  • う蝕治療(むし歯・歯内治療)

大谷歯科 港診療所について

大谷歯科 歯科港診療所
〒552-0021
大阪市港区築港4-8-3
TEL:06-6573-8467

患者様がお住まいの主なエリア

大阪府大阪市内全域、大阪府東大阪市、大阪府堺市、大阪府高石市、大阪府松原市、兵庫県尼崎市

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。