ブリッジ

隣の歯を支えにして人工歯を支える

歯を抜いたままにしておくと、隣の歯が倒れてきたり、
噛み合う歯が伸びてきたりして、全体の噛み合わせのバランスが崩れてきます。

欠損部に人工の歯を入れる必要があります。方法としては、ブリッジ・義歯・インプラントが挙げられます。
ブリッジとは、欠損歯の代わりとなる人工の歯(ダミー、またはポンティックという)を、
両隣の歯にかぶせる冠と一体でつくったものです。
つまり、両隣の歯を土台にして、人工歯を支えるわけです。

欠損歯がそれほど多くない場合は、一般にブリッジが選択されますがメリットとデメリットがあります。
メリットはセメントで固定する為、元の歯に近い状態で機能回復が可能です。
デメリットは、隣接歯を削って製作する点と、場合によっては隣接歯の神経を取る必要があることです。

また、ブリッジと支台歯の境目は虫歯になりやすいので、装着後は念入りなブラッシングが必要です。
装着後は必ず指導を受けるようにしましょう。

ブリッジは、土台にする歯(支台歯)がしっかりしていれば、
かなり大きなものもつくれますが、健康保険では欠損歯数、支台歯数について
保険上の制約があります。
(色調についても保険上の制約があります。)

ご予約は06-6573-8467までお電話ください。
初めて当院で受診される方へ

大谷歯科 歯科港診療所の治療科目

  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 欠損補綴治療(歯が無くなったときの治療)
  • 口腔外科
  • 顎関節症
  • う蝕治療(むし歯・歯内治療)

大谷歯科 港診療所について

大谷歯科 歯科港診療所
〒552-0021
大阪市港区築港4-8-3
TEL:06-6573-8467

患者様がお住まいの主なエリア

大阪府大阪市内全域、大阪府東大阪市、大阪府堺市、大阪府高石市、大阪府松原市、兵庫県尼崎市

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。